防災林造成2801工事 <工事現場紹介>

  • 現況写真

1.工事概要

工事名

防災林造成2801工事

工事場所 福島県双葉郡楢葉町大字山田浜・・・地内
工事工期 平成29年4月20日~平成29年12月28日
施工面積 20,400m2(2.04ha)
施工量 盛土工50,935m3、購入土21,651m3、試掘1,311m3、採取土11,718m3、バラスト材運搬11,344m3、混合18,613m3、盛土法面整形4,816.8m2、植生シート工1,762.1m2、丸太柵工398.4m3、礫暗渠工410.3m、縦暗渠工10.5m、管理道路工181.7m3、敷鉄板設置撤去工20枚、支障木伐採720本

 

2.現場職員紹介

現場代理人

森川 洋

監理技術者 森川 洋
主任技術者 前野 秀光、藤田 仁史

 

3.概況

平成29年10月  計画35%、実施32%

楢葉町南東部の山田浜で防災林の植樹をするための盛土をする工事です。通常の盛土と違って木を植えるための盛土なので、透水性の良い土をやんわりと盛土するという工事です。あまり締め固めると木の根が入っていかなくなり、水はけが悪いと根腐れを起こすということで、盛土材(購入土)の選定が重要となります。
土取場の伐採も終わり、あとはひたすら盛土するだけですが、現場周辺は海岸の防潮堤工事、県道広野小高線の道路改良工事と工事銀座なので、ダンプの廻りが心配です。